【東大泉】12月15日の宅地開発の様子 縄文土器が発掘

練馬区東大泉7丁目 12月15日の宅地開発現場の様子です。
現場目の前の倉庫で荷出し作業をしている女性に伺った話では、どうやら道路を作ろうとしたところ、縄文土器が発掘されたそうで発掘作業をしているようだ、という事でした。
今のところ、マンションではなく、あくまでも戸建の売出しとの事。
遺産が発掘された貴重な場所をなんとか残して欲しいと思います。

20121215現場の様子

関連記事